34歳女性。6月16日に天ぷら油がかかって右手をやけどし、皮膚科に通院されていました。家から近い当院での治療を希望され、6月28日に受診されました。

6月28日初診時。

右の中指、薬指、小指の甲側にやけどがありました。水疱膜(水ぶくれの皮)がそのままになっていて中には濁った液が溜まっており、これがなかなか治らない原因と思われました。

水疱膜を除去しました。2度の熱傷ですが、濁った液のせいでで赤みが強い印象です。

プラスモイストで覆いました。

6月29日。

痛みもなく赤みも引いていて、いい状態になっています。

7月2日。

すべて上皮化していました。まだ乾燥しやすいのでしばらくワセリンを塗って保護していただきます。

浅い2度のやけどでしたので、本来は1週間ほどで治るはずでした。水疱膜を放置してその下に感染が起きたため、12日間殆ど良くなっていなかったようです。痛みもあったとのことでした。

水疱膜は残していいことはなく、可能なら取り除くべきです。この方の場合は取り除いて4日で治ってしまいました。