9歳男児。10月13日に学校の実習中にべっこう飴の材料がはぜて飛び、顔と左手をやけどしました。一旦他院を受診され、翌日当院を受診されました。

左の上まぶたと額の右側にやけどがありました。手のやけどは軽症でした。

 10月13日の右まぶた。浅い2度の火傷のようです。日焼け跡のように皮膚が薄く剥がれてきています。

デュオアクティブETで被覆しました。ふやけたら家で貼り替えてもらいます。

 10月17日の右まぶた。

周辺は上皮化しています。中心部がかさぶた状になっています。デュオアクティブETを継続しました。

 10月20日の右まぶた。

中央のかさぶたが取れていました。まだ上皮化しておらず、当初の予想より深いやけどだったようです。

 10月27日の右まぶた。

治ったと思っていたらデュオアクティブにくっついて皮膚がむけてしまったそうです。めったにないことですが、再生したての弱い皮膚に対してデュオアクティブの粘着力が強すぎたと思われます。

上皮化して数日たつと皮膚が強くなりますので、ふやけなくなったら2~3日そのままにした方がいいです。

小さなプラスモイストにワセリンを塗ってあてました。

 11月4日の右まぶた。

しっかり上皮化していました。後は乾燥予防にしばらくワセリンを塗るだけで良いです。

 12月1日の右まぶた。

きれいになりましたがまだ赤みが残っています。

瘢痕化などはなく、このまま時間が経てば普通の肌の色になります。

 10月13日の額。

3度に近い深い2度の火傷です。デュオアクティブETで被覆しました。

 10月17日の額。

やけどの周辺に少しピンクの肉芽が見えて来ています。

 

 10月20日の額。

周辺から上皮化進んでいます。中心にもピンクの肉芽が見えてきています。

 10月27日の額。

ほぼ上皮化しましたが乾燥傾向です。もうしばらくハイドロコロイドで保護してもらいます。

 11月4日の額。

きれいに上皮化しました。今後しばらくは乾燥予防のワセリンを塗ってもらいます。

 12月1日の額。

赤っぽく見えますが、実際はかなり周りの肌の色に近くなっていました。今後さらに目立たなくなると思われます。