福岡市早良区飯倉の内科クリニックです。内科全般の診療のほか、腎臓病治療、傷・やけどの湿潤治療、認知症へのコウノメソッド、糖尿病への糖質制限を特色にしています。

傷・やけどの湿潤治療

傷・やけどの湿潤治療

「傷は消毒しないといけない」
「傷は乾かすと早く治る」
「傷にはガーゼをあてる」
すべて間違いです。

消毒されて痛かったり、ガーゼを交換するときに痛かったりした記憶が院長にもあります。
傷ややけどの治療が痛いのは過去の話。今は消毒せずぬるま湯でそっと洗って、ガーゼの代わりに傷にくっつかない創傷被覆材を使う時代です。
院長は10年以上前から夏井睦医師の提唱する湿潤治療を行ってきました。痛くなく、早く、きれいに治ります!
処置を受けられた患者さんは、家庭でも出来そうなあまりにあっさりした処置なので驚かれますが、同時に痛みがないことにも驚かれます。処置自体はあっさりしていますが、重要なのはキズの観察で、悪いことが起きていないか順調かしっかり観察し、何かあればすぐに対応します。
怪我ややけどで心配なのはいつ頃治るかと跡が残らないかですが、キズをよく見れば治る過程もよくわかりますので、「今はこういう段階で、後どれくらいで治ります」とご説明しています。
1歳に満たないお子さんのやけどからご高齢の方の転んでできた大きな皮膚剥離まで経験があります。他所で「皮膚移植が必要」と言われたケースもきれいに治っています。

湿潤治療についての講演も承りますのでご連絡ください。

やけどをしたときにその場でまず行うこと

やけどした部分を水道の水で1~2分冷やしてください。それ以上冷やしても意味はありません。氷水なども使わないようにしてください。
服の上からのやけどは、おおいそぎで服の上から流水を当てて冷やしてください。服を脱がすと皮膚も一緒に取れてしまうという記述をよく見かけますが、そういう状態の皮膚はすでに熱で壊死した皮膚ですのでいずれ除去することになります。熱いものが肌に触れる時間をできるだけ短くすることが第一です。

赤くなっただけで水ぶくれが出来なければ1度のやけどです

水ぶくれが出来ず、皮膚が赤くなってヒリヒリするだけの場合は1度熱傷と言って一番軽いやけどです。
やけどの部位が空気に触れているとヒリヒリしますが、何かで覆うと軽くなります。一般的な絆創膏は空気を通すので、キズパワーパッドなどのぴったり貼り付いて水も空気も通さないものを貼るのがおすすめです。ワセリンを塗ったラップなどを当てても痛みは和らぎます。

水ぶくれが出来たら2度以上のやけどです

水ぶくれができたら2度熱傷以上のやけどになります。お湯より温度の高い油や火によるやけどは深くなりやすいです。やけどが小さく水ぶくれが破れなければ そのまま治るまで保護する方法もありますが、ほとんどの場合治りきる前に破れてしまいます。
そうなると感染を起こしやすくなるので水ぶくれの皮の部分を取り除き、やけどの面を覆ってあげる必要があります。また、やけどの深さをしっかり観察するためには水ぶくれを除去して評価する必要がありますので、よほど小さなもの以外は水ぶくれは除去したほうが良いです。受診して処置を受けてください。
すぐに受診できない時はラップをやけどに当ててください。ラップにワセリンを塗るとさらに痛みが少なくなります。浸出液が出てくるときはラップの上からガーゼやタオルを当てて吸い取らせてください。決してやけどの面にガーゼやタオルを当ててはいけません。ワセリン以外の軟膏も塗らないようにしてください。
キズパワーパッドなども有効ですが、やけどは浸出液が多いので1日1~2回張替えが必要です。

低温やけどは特殊なやけど

湯たんぽやホットカーペット、ファンヒーターなどで気が付かないうちにやけどをする「低温やけど」は、「低温」とついているので大したことがなさそうに思えますが、実はとても治りにくいやけどです。暖房器具を使う冬場に多いので注意が必要です。
熱さを感じない温度でのやけどですので、熱いやかんを触ったときなどのように逃げる動作が起きません。そのため低温とは言え、熱が「長時間かけてじっくりと奥深くまで」傷害しますので大変深いやけどになります。
最初は赤くなっているだけに見えても、数日の間に皮膚が黒く変色していく事があります。皮膚の奥の方まで壊死してしまった3度熱傷です。壊死組織を除去し、欠損した組織を肉芽組織が埋め、皮膚が周囲からはっていくのに2~3ヶ月はかかります。
壊死組織を除去する処置をしなかったりすると感染したり、いつまでも治らなかったりします。
また、壊死組織を除去してすぐに皮膚移植を勧められる場合があります。多少早く治りますが、傷がもう1箇所増え、移植した所もきれいに治るわけでもありません。気長に湿潤治療で治したほうが良いと考えています。

ケガをした時

すり傷など

すり傷などで傷が汚れているときは水道水でよく流してください。傷に砂粒などが残っている場合はできるだけ早く病院で処置を受ける必要があります。
洗い終わったらワセリンを塗ったラップやキズパワーパッドを当ててください。貼りっぱなしは危険で、最初の数日は毎日剥がして水道水で傷を流して付け替えてください。
ガーゼや普通の絆創膏は傷に張り付いて大変痛い思いをすることになります。ワセリン以外の軟膏やキズドライなどは絶対につけないでください。

切り傷など

出血があるときは傷を心臓より高くあげて、傷を圧迫してください。この時あまり力いっぱいおさえずに、血が出てこないギリギリの強さで押さえるのがコツです。抑えても血が止まらず勢い良く出てくる場合は動脈が傷ついたの可能性があり、力いっぱい押さえながら救急車を要請してください。
止血できたら切り傷は早い時期にテープ固定などしたほうがきれいに治りますので受診してください。すぐ受診できないときはラップやキズパワーパッドなどを当ててください。なお、当院では縫合が必要と判断した場合は形成外科へご紹介させていただいております。

あると便利な傷・やけどの治療材料

ラップはどこのご家庭にもあると思います。ワセリンを塗ってから傷ややけどに当てるとさらに良いです。ラップは浸出液を吸収しないのでこまめに傷の周りを洗う必要があります。
傷専用に開発された治療材料を使えばさらに快適に治療できます。通販で購入できますので家庭に常備されると良いです。
当院での治療もプラスモイストとハイドロコロイドとワセリンしか使っていません。それで皆さん良くなっています。ゲーベンやフィブラストスプレーなどは痛いばかりでかえって有害と考えています。

プラスモイスト

夏井先生と株式会社瑞光メディカルが開発したもので、傷にくっつかず、浸出液を適度に吸収してくれます。傷に当てて、テープなどで固定します。どんな傷ややけどにも使える優れた創傷被覆材です。浸出液が少なくなったら乾燥しやすくなるのでワセリンを塗って使うのがコツです。
amazonや楽天でも購入できますし、当院近くの太陽薬局さんにも置いてもらっています。

ハイドロコロイド

キズパワーパッドやクイックパッドという商品が有名ですが、瑞光メディカルの「ハイドロコロイド包帯」が価格がかなり安くおすすめです。院内での処置では保険の関係でデュオアクティブETという商品を使っています。
いずれの商品もシール状になっていますのでテープなどが不要で、水も通さないのではったままプールに入ったり出来ます。しかし、粘着力が強いので貼り替えのときに剥がすのが痛かったりします。浸出液の吸収力も弱いので、浸出液が大きときは1日2回、少なくなっても2日毎くらいに貼り替えたほうが良いです。
最初はプラスモイストで治療し、治りかけで浸出液が少なくなった時期にハイドロコロイドを使うのが良いように思います。
ハイドロコロイド包帯はamazonや楽天でも購入できますし、当院近くの太陽薬局さんにも置いてもらっています。
 

 過去の症例 皆様のご厚意で掲載させていただいております。

症例20:炎によるやけど

50代男性。焼却炉で作業中に急に炎が上がり、腕まくりをしていた両前腕と顔に炎が当たり、服の首元に火がついてやけどをされました。病院に入院され、顔はワセリン、腕はワセリンとくっつかないシートとガーゼで治療され、退院されてか …
コメントなし

症例19:幼児の足のすり傷

1歳の男の子。6月18日に父親とソリに乗っていて右足を擦りむきました。姉が以前に怪我をしたときにプラスモイストで治療していたので、同じように洗ってプラスモイストをはったそうです。当日夜に38度の発熱がありましたが、受診時 …
コメントなし

症例18:膝のかさぶた下の感染

41歳男性。5月8日に左膝をすりむき、かさぶたができたが傷の周りが痛くなり、足の付根も痛くなり5月15日に受診。  左膝の擦り傷に分厚いかさぶたが出来ています。かさぶたは少し浮いていて、中から膿が出てきていました。 また …
コメントなし

症例17:幼児の足の甲の3度熱傷

1歳男児。2週間前にアイロンで右足の後をやけどし、近くのクリニックで軟膏とガーゼで治療を受けていましたが、かさぶたが取れたら予想より深くてあとが残るかもと言われ、5月1日当院を受診されました。   5月1日初診時。来院時 …
コメントなし

症例16:親指のひょう疽・皮下膿瘍

50代男性。4月13日仕事中に左手親指の先と爪の一部をカッターで切り落としてしまい、現場近くの整形外科で縫合、消毒とガーゼで治療されましたが痛み が出て4日目で抜糸されたそうです。その後自宅近くの整形外科で、ラップで覆う …
コメントなし

症例15:大人のすねの低温やけど

20代女性。11月3日に電気アンカで左の下腿を低温やけどされました。皮膚科に通われましたがまったく良くならず、皮膚移植が必要と言われたそうです。友人から湿潤治療が良いと聞き、検索して当院を受診されました。 12月10日初 …
コメントなし

症例14:幼児の両手のひらのやけど

1歳女児。4月14日朝ストーブの天板で両手のひらをやけど。病院で処置を受けた後、湿潤治療を希望されて受診されました。初診時は例によってガーゼと包 帯でぐるぐる巻きの「ドラえもんの手」状態でした。14日はまだ痛くて怖がって …
コメントなし

症例13:大伏在静脈グラフト採取後の傷

80歳男性、糖尿病と慢性腎不全あり血液透析中。狭心症のため10月5日に冠動脈バイパス術を受けられました。冠動脈(心臓を養う大事な血管)のつまりか けた部位をバイパスして血を流す手術で、バイパス用の血管として両足の太い静脈 …
コメントなし

症例12:幼児の太もものやけど

4歳男児。2月27日にインスタントスープを作ろうとしてお湯で左太ももをやけど。他院で処置を受けていましたがフィブラストスプレーを使われたりして、たいへん痛い思いをされたようです。また、今後どうなるかの説明がなかったので本 …
コメントなし

症例11:幼児の腕のやけど

1歳男児。2月8日にカップ麺を倒してしまい右前腕をやけど。救急病院で処置を受け、翌日当院を受診されました。   2月9日初診日の状態。 ワセリンをたっぷり塗ってプラスモイストを当ててありました。 大きな水疱を形成していま …
コメントなし

症例10:大人の腕の低温やけど

30代女性。12月26日に左前腕を湯たんぽで低温やけど。他院でゲーベンなどで処置を受けていましたが壊死した皮膚が黒くなり、1月11日に黒くなった ところを除去されて茶色いもの(イソジンゲルかユーパスタ?)を塗られたがすぐ …
コメントなし

症例9:幼児の手のひらのやけど

1歳女児。12月18日にストーブの天板に触ってしまい左の手のひらをやけど。入院して治療の必要があり、植皮も必要かも、と近くの病院で言われて相談にこられました。 初診時はガッチリ固定した上に包帯でぐるぐる巻きのいわゆる「ド …
コメントなし

症例8:幼児の顔のやけど

2歳男児。淹れたての紅茶をかぶってしまい顔と左腕をやけどして翌日に当院を受診されました。やけどした当日は救急病院で処置を受け、左腕は顔を触らないようにがっちりギプス固定されていました。 初診日の左頬の状態(やけどした翌日 …
コメントなし

症例7:大人の手首のやけど

40歳代女性。コンロの火で右手首をやけどされ、包帯を巻いて保護されていました。火傷して3日目に当院を受診されました。 受診時の状態(やけどして3日目)。 手首のあたりは水疱ができて破れた状態でした。 水疱の膜は感染の原因 …
コメントなし

症例6:小児の膝の皮膚剥離

10歳女児。逆立ちをしていて転倒し、右膝をぶつけて2.5cm×1.5cm皮膚が剥離してしまいました。手持ちのハイドロコロイドを貼って、翌日受診されました。 真皮層で剥離した皮膚がめくれこんでいます。このままだと傷を露出し …
コメントなし

症例4:小児のほほのやけど

9歳男児。キャンプで熱くなったバーナーの口金(火は消えていた)が左頬にあたりやけど。キャンプ場近くの病院で治療を受け、2日後に自宅に近い当院を受診されました。 やけどして2日目の状態。水ぶくれの皮はすでに切除してありまし …
コメントなし

症例3:大人の足の低温やけど

湯たんぽで右のすねに小さな水疱ができ、皮膚科で1ヶ月ゲーベン軟膏とガーゼで治療を受けましたが治らず。「植皮するかこのままの治療を続けるしかない」と言われ、当院を受診されました。 当院ではすべてプラスモイストだけで治療しま …
コメントなし

症例2:大人の顔のけが

転んでメガネの金具で鼻の付け根をけが。深めに皮膚がえぐれてしまっていました。 まずプラスモイストで治療し、治りかけてきたらデュオアクティブETで治療しました。 怪我をした翌日。かなり深い傷です。 他院での処置で使われたガ …
コメントなし

症例1:幼児の前腕のやけど

1歳5ヶ月の男児でカップ麺のお湯で右前腕をやけど。他院で処置を受けていましたが5日目に当院を受診されました。 初診時の写真は取れませんでしたが、やけど全体が真っ赤で水ぶくれが破れた状態でした。 プラスモイストで治療。手は …
コメントなし

2016年12月発行ニュースレター第10号「低温やけどにご注意を」

湯たんぽやホットカーペット、ファンヒーターなどで気が付かないうちにやけどをする「低温やけど」は、「低温」とついているので大したことがなさそうに思えますが、実はとても治りにくいやけどです。暖房器具を使う冬場に多いので注意が …
コメントなし

2016年8月発行ニュースレター第8号「やけどをしてしまったら」

やけどは夏と冬に多くなります。夏は花火やバーベキュー、日光で熱くなった金具などでのやけどが多く、冬は湯たんぽや暖房器具による低温やけどが多くなります。 やけどやケガの治療は昔と大きく変わっています。消毒して軟膏やガーゼを …
コメントなし

診療時間

9:00~12:30 14:00~18:00
月曜
火曜
水曜 休診
木曜
金曜
土曜 休診

日曜・祝日は休診です

PAGETOP
Copyright © つかもと内科 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.